« 藤の葉で袱紗を染める!! | Main | 仕事は段取り!! »

Sunday, September 03, 2006

藍御納戸 (あいおなんど)

昔の家ならどの家にも納戸がありその納戸の

薄暗いなかに藍染めがあるとこの色だったと

言う意味で昔の人は深い黒に近い藍色を

藍御納戸色と名付けたのだろうか?

納戸に御をうけてるところが粋だなぁ~。。

Dsc04471

今日は僕の好きな

この藍御納戸色を

染めた。

普通は草木染(矢車附子)

を下地に藍染めを重ね合わせて染めるが

今回は薄い墨染めの上から藍染めを

数回重ねてみた。。良い色だ!!

|

« 藤の葉で袱紗を染める!! | Main | 仕事は段取り!! »

染め」カテゴリの記事

Comments

なんとも!風情のある名前の名前ですね。日本には本当に色を表現する美しい名前が沢山あるのですね。このような名前を聞くと、例えこの目で見たことが無くても、色が平面でなく奥行きを持って感じられるものですね。こういう高い感性の文化は是非是非残し、伝えて行って頂きたいです。
素敵なことをまた一つ教えていただきました。有り難うございます☆

Posted by: ZERO | Sunday, September 03, 2006 17:22

ZEROさんへ

さすがモノつくりをされてるZEROさんらしい
「深い」コメントでありがとうございます。
色の名前1つとっても意味があるし・・・
昔の人々の高い感性が分りますね。

僕がいつも古いモノを見て驚かされるのは
先人の方々の『感性の深さ』です。
四季の色や風景を深い感覚で見つめてきたか
が色んな先人の作ったモノを見て見えて来るのです。

昔の人の深い感覚と感性の文化は
大事な遺産と思って大事にして行きたいですね。

自然とともに生きていた先人達が
四季の色や風景を言葉や書
またはモノ作りに生かしてきた感覚を
大事にしたいですね。

Posted by: はちはち | Sunday, September 03, 2006 23:33

深い黒藍色に魅せられ、言葉の響きにも、あ~日本人でうれしい♪って思いました。
日本も含めアジアには、黒檀、藍、墨、いい染料がありますね。
前回に購入したジャケットが、この色に似てるかしらとしげしげとそして、満足げに眺めています♪これからの季節にピッタリですしね。
この生地で出来上がった服☆楽しみですね~。こちらへ来る前に誰かステキな方の手元へ・・・でしょうね^^;

Posted by: renzu57 | Monday, September 04, 2006 09:32

renzu57さんへ

藍染の色って本当に良いですね。
僕は個人的に明るい藍染より何回も染め重ねた
濃い藍染のほうが好きなのです。。

この藍御納戸の色は僕が大変好きな色で
いつもこの色のT-シャツも着てるし
デニムのジーパンもこの色です。
この色を着てると
「う~ん 日本人でよかった^^」と思ってしまいます。

年を越えて幅広い層に受け入れられる色だと
思います。

次回の北への出店の際は必ずこの色の作品を
もって行きますのでぜひぜひ見に来てくださいね!!

Posted by: はちはち | Tuesday, September 05, 2006 06:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 藍御納戸 (あいおなんど):

« 藤の葉で袱紗を染める!! | Main | 仕事は段取り!! »