« きれいな作業場! | Main | 「町屋Cafe &ぎゃらりー さんしょう」 »

Saturday, January 08, 2011

染料 「ログウッド」の話

Cimg8227
年が明けたと思ったら
もうすぐ十日戎ですねぇ~富士山

新年気分も抜け寒さの中をなんとか
春に向けての作品作りをしてるのですが

最近たわいも無いことをグダグダ日記に書いてたので

まだ修行中の身ですが一応 染め屋と言う事で
たまにはまじめにウンチクを書かせていただきますあせあせ(飛び散る汗)


草木染めをやってらっしゃる方なら
とてもポピュラーな「ログウッド」という染料があります。

紫色が染まる数少ない天然染料で
あずき色から青みの黒っぽい色までの濃色がでるのです。


ウチの工房では大まかに紫を染めるのに
このログウッド 五倍子 ラックダイ という染料を
使っていますがどの染料も輸入品で
染料屋さんで買うしかなく
赤 紫系の染料は割高なのですあせあせ

ログウッドに関してはメキシコから中米に産するマメ科の常緑低木で、
日本には明治の初めに渡来し幹材それを煎じたエキスが
輸入されてました。。

かつて京都の染め屋さんで着物を黒を染めるには
無くてはならない染料やったそうですexclamation


「はちはち」では煎じたエキスを昔から
当たり前のように使って来ました・・・

昔は媒染不足で茶色っぽくしか染まらず
紫に染めるのに四苦八苦した思い出の染料です目

さほど堅牢ではない(代謝し易い)ので単色で使うことは
まれですが色を掛け合わせてパープルや黒っぽい
色を染める重要な染料ですぴかぴか(新しい)



ところが4,5年前から濃縮エキスの染料が
時代の流れでしょうか?

製造されなくなって来てます。
昔に良く使ったヤマモモの濃縮エキス「渋木エキス」も
5年ほど前に消え去り・・・・

ログウッドのエキスもその対象になって
入手するには染料屋さんの在庫を見つけて
わけてもらうしか手がないのですあせあせ(飛び散る汗)

『こら!えらいこっちゃ!!』と
2,3年前から日本全国の染料屋さんや教室などに
片っぱしから問い合わせして
買い集めて箱一杯あったログウッドエキスも
小出しにちょこちょこ使って来ましたが
そろそろ底が見えてきてあと少しで終わりとなりますあせあせ(飛び散る汗)

木の幹材を煮出しても良いのですが
エキスほどの濃度は出せませんし
とても割高になるので使わなかったですが
無くなってしまうとこちらに
切り替えて買わざるを得ませんねぇ~~あせあせ(飛び散る汗)

ところがお客さんのツテですが渋谷の画材屋さんに
その幻のログウッドのエキスの在庫があるとの情報を得て
連絡して泣く泣くお願いしたところ少しですが・・3Kgほど
分けてもらえるようになりました・・・嬉涙富士山


これで又あの紫が染めれる・・・首がつながった気分です!


今日は近畿トラック協会さんのトラックの幌の帆布で
作ったECOキャンペーン用のバック
そのログウッドを使用して染めてみましたるんるん

材料があって仕事ができる!
しかし 材料がなくなると・・と思うと
ゾッとします!!

この紫 あと1年くらいは染めれるかな??

|

« きれいな作業場! | Main | 「町屋Cafe &ぎゃらりー さんしょう」 »

染め」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 染料 「ログウッド」の話:

« きれいな作業場! | Main | 「町屋Cafe &ぎゃらりー さんしょう」 »