« 震災から一年 | Main | いち日ひと色 (カリン(花梨)の巻) »

Monday, March 12, 2012

いち日ひと色 (ブラジルウッドの巻)

今日はブラジル帰りのお客さんからいただいた
貴重なブラジルウッドを煮出して染めてみました(^o^)

ブラジルウッドとは
インド・マレー原産の蘇芳(すおう)と
同種のマメ科の染料植物です。

蘇芳(すおう)は色が安定しないし色が代謝しやすいので
商用ではあまり使用しないのですが
私用でということでシルクのストールを
染めてみました。
Img_3498


ブラジルの名は「赤い木」の意味で
大航海時代ヨーロッパで染料として使われ
インド原産のスオウと外見と用途が似ていたため、
ポルトガル人によって本種もブラジルと呼ばれるようになったそうです。

ブラジルという国の由来はこの木から来てます。
材が硬いため、現在もヴァイオリンの弓材として有名。

心材から紅色色素(ブラジリン)が得られる。
これを染料として用いた。
かつてはブラジルの主産品であったが、
化学染料の登場によって廃れたそうです。

ということで
近年では染料として市販されてなく
非常に貴重な染料なので
ワクワクしながら染めてみましたぴかぴか(新しい)
Img_3503


市販の蘇芳よりは
赤味が強くて情熱の赤って感じの色ですね~~
きれいな赤色でするんるん


あぁ~今日は楽しい一日でしたわーい(嬉しい顔)
明日は仕事しよexclamation

●よろしければポチっ♪とお願いします♪

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ

|

« 震災から一年 | Main | いち日ひと色 (カリン(花梨)の巻) »

染め」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いち日ひと色 (ブラジルウッドの巻):

« 震災から一年 | Main | いち日ひと色 (カリン(花梨)の巻) »