« January 2013 | Main | March 2013 »

Saturday, February 23, 2013

ガラ紡の糸を織り込みます♪

21日の東寺は寒くてキツイ一日でした。
でも、冬眠中で工房にこもりっきりだったので
寺の仲間やお客さん、沢山の人と会えて楽しかったぁ♪
手で紡がれたような風合い
三河ガラ紡の糸を手で染めれるように綛繰り中
染めて緯糸にして織り込みます。

Img_6205

そして、紅い木綿を織り始めました。
緯糸は三河ガラ紡の糸を茜と紅木(ヤエヤマシタン)で染めて
織り込んでいきます。

Img_6295


縦糸の羽数を少し減らして、ガラ紡の糸の『ふぁふあ』した
柔らかい風合いを引出したいですww

糸の撚りが不安定なので
無理やり引っ張ると糸が切れやすく
板杼で糸をセッティングして織っていきます。
思いのほか、手間で時間が掛かりそうです(ー_ー)!!

少し織ってみましたが
思いのほか、ガラ紡の糸の表情が豊かで
出来上がりが楽しみです(^o^)

●よろしければポチっ♪とお願いします♪

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, February 14, 2013

春を呼ぶオーガンジー

ポカポカ陽気のバレンタイン
春夏企画の染め布を並べて、何を作るか
出店スケジュールとパターンを見ながら、
思案してます。

Img_6078



写真はラックダイやログウッドで染めた
綿100%のオーガンジー
明日は縫製とデザイン打ち合せ、正念場です。

●よろしければポチっ♪とお願いします♪

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 08, 2013

地味な作業

小雪がちらつく寒い一日

春夏の企画に使う布が織屋さんから続々と入荷してます。
全てが生機(キバタ)なので、1反づつ
手で染められる寸法に切って、糊を洗い落として
濃く染まるように濃染処理を施し
いつでも染めれるように布を備蓄していきます。

Img_6007




2月に入ってからというもの
毎日この濃染作業、地味な作業ですが
キレイな色に染まるのもこの地味な作業があってこそ

寒いので布が乾きにくくストレスも溜まりますが
来る日も来る日も地道に一歩づつ(^o^)

●よろしければポチっ♪とお願いします♪

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, February 05, 2013

新しいチャレンジのために

国産革の生産量シェア日本一は兵庫県
姫路市、たつの市でほとんど生産されています。

自分の中で新しいチャレンジがしたく
どうしても見ておきたい事があり

皮のなめしから染色、仕上げまで
独自の技術で革新にチャレンジしてる。
姫路の製革所オールマイティーさんに
工場見学に行ってきました。


Img_5951




プロのタンナーさんに皮が革になる工程や
染色のイロハをいろいろお聞きすることが出来て
とても、身になる一日でした。

業種は違えど、同じモノ作り、
製品染め中の染色ドラムが回る光景を見て
通づるモノがあることを実感しました。

アポなしでの突撃でも優しく接していただいた
代表と仕事の邪魔をしたのに嫌な顔もせず
接していただいた職人さんに感謝します。
ありがとうございました(^o^)

 

●よろしければポチっ♪とお願いします♪

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, February 01, 2013

松坂屋名古屋店「クラフト3人展」

告知遅くなりましたが
ただ今松坂屋名古屋店 1/30~2/5 北館5Fにて

クラフト3人展で出展してます。

お近くに来たさいは遊びに来てください。

お待ちしております。

1359552251443a

松坂屋ホームページよりhttp://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/promo/shop_info/m130129_04/

●よろしければポチっ♪とお願いします♪

にほんブログ村 美術ブログ 織物・染織へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »