« 岩田屋「日本の手仕事」 終了しました。 | Main | 緑色のストール »

Sunday, October 13, 2013

阿仙薬で染める

お客さんの注文染めがたまってるので
阿仙薬エキスの煮出しです。
このカチカチのカレールーのような
かたまりが阿仙薬エキス
黄みがかった茶から黒茶色まで...
幅広い色に染めることができます。
Img_8090

阿仙薬(ガンビールノキ)
ガンビールノキ(学名:Uncaria gambir)は、アカネ科の植物。
この植物の葉及び若枝の乾燥水製エキスは、阿仙薬(あせんやく)という生薬の1種として用いられる。
主成分はカテキン、タンニン
整腸薬、収斂性止瀉薬、口腔清涼剤として広く用いられてます。
身近な例では、正露丸、仁丹などに配合されています。

ちなみに今回は
骨董屋さんの古い幟旗や風呂敷を染めさせていただきました。

古い糸味のいい幟旗
昨日に煮出した阿仙薬で染め重ね完了。
薄い茶とグレー(鉄媒染)2色
Img_8098

何回やらせてもらっても
先人はイイ仕事してるなぁ~
いつも感心させられます。
天然顔料を完璧な固着
何回洗っても、模様が落ちません!!

古き良きものは
渋いオーラを放ってますね。

●よろしければポチっとお願いします♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へ





|

« 岩田屋「日本の手仕事」 終了しました。 | Main | 緑色のストール »

染め」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阿仙薬で染める:

« 岩田屋「日本の手仕事」 終了しました。 | Main | 緑色のストール »